カウンタ

COUNTER281275
 

QRコード

  
 
新地町教育委員会
福島県相馬郡新地町
  谷地小屋字樋掛田30番地
TEL 0244-62-4477
FAX 0244-62-2369
e-mail
 

新地町の食育

食育
12345
2018/10/01

食育しんちとの連動「運動あそび」ペア・親子バージョン紹介!

| by 教育総務
食育しんち第4号で紹介しています「運動あそび:ペアバージョン」と「運動あそび親子バージョン」を紹介いたします。

それぞれのバージョンについては、運動一覧プリントのPDFリンクを掲載していますので、そちらで確認しながらご覧ください。

運動あそびペア(友だち)バージョン動画 ※プリントはこちら→運動あそびペアバージョン


運動あそび:親子(大人と子ども)バージョン動画 プリントはこちら→運動あそび親子バージョン

14:24 | 投票する | 投票数(4)
2018/09/16

運動あそび:コンセプトを紹介いたします。

| by 教育総務
幼児期を含む小学生期のお子さんが、楽しみながら運動経験を増やし、「運動習慣の定着」を願って公開した「運動あそび:ペア(お友だち)バージョン」のコンセプトを紹介いたします。

運動遊びの指導者としてご活躍されている堀内亮輔先生(社会福祉法人葛飾福祉館 プレーリーダー保育士)に監修いただいた13種類の動きは、お子さん自身が「運動あそび」を通していろいろな動きを工夫していくことで、楽しみながら運動量を増やし児童期に必要な「基本的な動き」を自然に身につけられるよう工夫されています。

▽以下はともだちと楽しむことができるペアバージョンです!


▽以下が幼児・小学校低学年向けの大人と子どもで行う親子バージョンです。
 12種類で構成され、ペアバージョンと若干内容が違います。

06:39 | 投票する | 投票数(3)
2018/09/15

運動あそび:ペアバージョンで楽しく運動に親しみましょう!

| by 教育総務
平成30年6月に新地町内小学生を対象に「週に60分以上体を動かず日は何日くらいありますか?」とアンケートを取ったところ、以下の結果となりました。


小学生期から健康で豊かな生活を過ごすため、1日60分以上を体を動かすことが大切です。

テレビやゲーム、インターネット等のメディアに接する時間の増加、震災後の生活環境等の変化により、友だちと元気に体を動かして遊ぶなどの「毎日 体を動かす習慣」を定着させることができていないお子さんが多いことがわかりました。

そこで、今回 新地町食育推進事業の一環として、小学生のお子さんが楽しみながら体を動かすことができるよう、『運動遊び:ペア(おともだち)バージョン』を公開いたしました。

運動あそびの指導者として活躍されている”堀内 亮輔先生”(社会福祉法人葛飾福祉館プレイリーダー保育士)に監修をお願いし、友だちと楽しみながらさまざまな動きを身につけることができる内容になっております。

空き時間や空きスペースなどを活用していただきながら、運動あそびを通して心も体も健康になってほしいと願っております!

運動あそび:ペア(おともだち)バージョン 14分47秒

18:32 | 投票する | 投票数(5)
2018/09/15

運動あそび:親子(大人と子ども)バージョンを公開!

| by 教育総務
新地町食育推進事業では、食習慣・食習慣の改善とともに、正しい生活習慣のひとつである「運動習慣の定着」を目指しております。

そこで今回、楽しみながら運動習慣を定着させることができるよう、幼児向け運動あそびの指導者(プレイリーダー)」としてご活躍されている堀内 亮輔先生に監修をお願いし、親子(大人と子ども)向けの運動あそびを公開いたしました。

堀内先生に紹介していただいた運動あそびは、幼児から小学校低学年あたりまでのお子さんと大人の方が楽しみながら取り組める内容になっており、動画で紹介されている様々な動きをきっかけに、自由な発想でさまざまな動きに発展していけるように工夫されています。

ぜひご家庭でチャレンジしてください(^o^)

運動あそび:親子(大人と子ども)バージョン(11分12秒)

10:03 | 投票する | 投票数(3)
2018/09/09

尚英中学校で第2回新地町食育講演会を開催いたしました。

| by 教育総務
9月7日(金)14:30から、新地町立尚英中学校体育館において、福島県の食育や児童肥満指導などをリードされている菊池信太郎先生(医療法人仁寿会菊池医院 院長)を講師を招聘し、第2回新地町食育講演会を開催いたしました。

今回は、中学生期の生徒さんとその保護者の方を対象に「将来の健康を見据えた食生活と生活習慣のあり方」について、思春期・成長期のお子さん向けに正しい食生活・生活習慣を見直すためのポイントについて、大変示唆に富んだお話をしていただきました。

「健康の定義」「将来の健康の大切さと健康寿命」「児童期の肥満傾向の危険性」「部活後引退後の生活習慣」「ネット依存」等について、中学生に分かりやすくお話しいただきました。

参加した中学生からも、「今日学んだことをすぐに実践します」との感想も聞かれ、大変充実した講演会となりました。

近日中に当日のスライド及び講演会のダイジェスト動画を公開する予定です。こちらもお楽しみください。

それまでは、7月に新地小学校で小学生とその保護者向けに行われた菊池信太郎先生による食育講演会のダイジェスト版をごらんください(^o^)

以下は、講演会の様子となります。


















12:24 | 投票する | 投票数(3)
2018/07/27

第2回町食育指導部会で共通理解を図りました!

| by 教育総務
7月26日(木)に新地町役場委員会室1において、第2回食育指導部会を開催し、1学期の取組と2学期以降の実践について共通理解を図りました。

新地町食育指導部会は、町校長代表、町教頭会代表、町保健主事代表、町食育推進コーディネーター代表、各校養護教諭、栄養教諭、町教委指導主事の計10名で構成され、定期的に新地町の食育事業について共通理解を図っています。

今回の協議内容は以下の4点です。

1 新地町さわやかだおすすめレシピコンクール一次審査

2 文部科学省つながる食育推進事業進捗状況の報告

3 新地町「食と生活」意識調査結果概要

4 2学期以降のつながる食育モデル校(新地小)の取組と各校への波及について

1については、コンクール5周年を記念し、メインの料理部門に加え「朝のごはん・お汁部門」を新設。その効果もあり、100件を超える応募(前年度比50%以上増)がありました。「さ・わ・や・か・だ」「成長期の児童生徒の栄養バランス」「学校給食への導入」等の観点で厳正に審査を行い、各部門毎に10点、計20点を選びました。これら20点については、8月23日(木)に町教育長、教育総務課長、町内小中学校長、町食育指導部員を審査員に二次審査(試食)を行い、各部門毎に最優秀賞1点、優秀賞6点を選ぶ予定です。


2については、つながる食育推進事業の概要と1学期の取組について共通理解を図りました。6月に実施した第1回新地町食育講座(地元の食材を使った海鮮チヂミづくり)では、児童が講座で学んだことを「食育ニュース」(学習カード)やレシピで伝えることで、参加できなかった保護者の興味・関心が高まりました。家庭で食育講座で体験した料理を実践した事例が紹介され、子どもが保護者に伝える活動を取り入れたことで、学校と家庭のつながりに深まりが見られることを確認しました。「食育ニュース」(学習カード)については、他3校にもデータを配付し町全体で活用することができるようにしました。


また、7月にリリースした小学生向け健康体操「すくすく体操3」の取組が紹介され、スポーツ少年団などで、モデル校児童が他校児童に「すくすく体操3」を教えながらペアで楽しむ姿なども見られ、学校を超えて普及していることが確認できました。


3については、朝食摂取率が町全体で97%を超えているの対して、朝食時に野菜類、大豆製品、海藻類、魚介類の摂取率が低い結果を受けて、さわやかだおすすめレシピコンクール「朝のおかず・お汁部門」のレシピ等を保護者に紹介していくなどして、朝食時の栄養バランスの改善について啓発していくことを確認いたしました。


4については、2学期以降に予定されているモデル校(新地小)での実践が紹介されました。その中でも、年5回児童が食習慣・生活リズム(早寝早起き)・運動習慣(1日60分以上体を動かす)の3観点でめあてを立てて取り組む「すこやか週間」の取組、11月14日(水)新地町ICT活用発表会でスクラッチを使った食育プログラミングを公開する取組については、他校も参考にしていくことで共通理解を図りました。






新地町の食育は、町校長会・町教頭会・町食育指導部会でこのように共通理解を図りながら、町内小中学校全体で食育事業を推進しています。
08:09 | 投票する | 投票数(8)
2018/07/18

ふくしまの海産物の安全性について:県水産事務所 伊藤様

| by 教育総務
福島県水産事務所相馬市駐在の伊藤 貴之様より、ふくしまの海産物の安全性について、ご講義をいただきましたので、その動画のダイジェスト版を公開いたします。

平成30年7月現在で、今まで出荷制限が掛かっていたメバルやスズキの安全性が確認され、福島県沖で捕れる魚介類の出荷は180種類を超えたそうです。

県が行ってるモニタリング検査と漁協さんが行っているスクリーニング検査の2つの検査体制のもとで、安心・安全が確認されていることが分かる内容になっておりますので、ぜひともご覧ください。(6分23秒)

20:27 | 投票する | 投票数(11)
2018/07/18

子ども用健康体操:すくすく体操3を公開

| by 教育総務
夏休みに入る前に、家庭でも気軽に取り組むことができる子ども用健康体操「すくすく体操3」を公開いたしました。

昨年度は中学生向け「すくすく体操2」、スキマ時間に簡単に取り組むことができる「ちょいすく体操」を公開しましたが、今回は、小学生向けに簡単で楽しみながら体を動かすことができる内容になっています。

一人で楽しみながらがんばることができる「すくすく体操3(一人用)」と親子、兄弟、友だち同士で一緒に楽しみながら取り組むことができる「すくすく体操3ペアバージョン」の2種類がございます。

1日3〜5分、自分で3〜5種類の動きにチャレンジしてみましょう!

①すくすく体操3(一人用)5分03秒


②すくすく体操3ペアバージョン 4分00秒

20:07 | 投票する | 投票数(10)
2018/07/04

第1回町食育講演会ダイジェスト動画を公開!

| by 教育総務
7月4日(水)新地小学校体育館を会場に、第1回新地町食育講演会が開催されました。

講師の先生は、医療法人仁寿回菊池医院長で福島県の子どもたちの健全育成のためにご尽力されている「菊池 信太郎」様です。

約1時間のご講演をいただきましたが、当日参加できなかった保護者の方々やもう一度内容を振り返ってみたい保護者の方々ために、菊池先生にご協力いただきながら大事なところをだけをギュッと凝縮したダイジェスト動画を作成いたしました。

「小学生の健康な心と身体づくり」にすぐに役立つ内容になっております。

ぜひご覧ください!(16分07秒)

20:07 | 投票する | 投票数(10)
2018/07/04

新地小で第1回町食育講演会が行われました!

| by 教育総務
 福島県教育委員会のふくしまっ子児童期運動指針の作成委員や「県つながる食育推進事業」のアドバイザーを務められるなど、福島県の子どもたちの健全育成のためにご活躍されている「菊池信太郎先生(郡山市菊池医院長)」を講師にお招きしまして、「小学生のための健康な心と身体のつくり方」について、先生の専門的な知識や豊富なご経験に基づいてご講演していただきました。



本講演会には、新地小学校4年生以上の児童の皆さん98名と新地小保護者の方や地域の方を含め約50名の参加がございました。






参加したお子さんたちは、「
健康な体づくり」「肥満防止」「遊びの重要性」「運動が得意になるためのポイント」「頭がよくなるコツ」「睡眠の重要性」「スマホを始めとするメディアとの付き合い方」についての講演を聞きながら、正しい生活習慣・運動習慣を身につけるためポイントを学びました。

以下が講演会の内容になります。ぜひごらんください↓































19:25 | 投票する | 投票数(9)
12345