カウンタ

COUNTER303344

QRコード

  
 
新地町教育委員会
福島県相馬郡新地町
  谷地小屋字樋掛田30番地
TEL 0244-62-4477
FAX 0244-62-2369
e-mail
 

新地町の食育

食育
12345
2018/11/13

第5回わが家おすすめ料理コンテスト表彰式

| by 教育総務
11月11日(日)に新地町健康福祉まつりにおいて、第5回わが家のおすすめ料理コンテストの表彰式を行いました。






今年度は5周年を記念し、「メイン料理部門」と「朝のおかず・お汁部門」に分けて応募したところ、全部で97点(前年度比 47.8%増)の出品がございました。

7月末に町内の食育担当による一次審査、8月末に新地町教育長、町内小中学校の校長先生による試食による最終審査を行い、各部門ごと最優秀賞1点、優秀賞6点を選出いたしました。

入賞した作品は、新地産の野菜や魚介類を積極的に取り入れつつ、「さ(魚)・わ(和食)・や(野菜)・か(海藻)・だし(大豆・だし)」をもとにしたレシピばかりでした。

これからも入賞した作品を新地町の学校給食に積極的に取り入れていきます!

☆メイン料理部門
〈最優秀賞〉
 新地小学校5年男子 「新地のにらのスタミナ丼」
 ※先週実施した学校給食試食会で提供させていただきました。


〈優秀賞〉
 福田小学校3年女子 「新地もりもりハンバーグ」
 福田小学校6年男子 「新地産カレイ入り 野菜チャーハン」
※今週の給食メニューです!
 新地小学校6年男子 「かぼちゃのカレーチーズ蒸し」
 駒ケ嶺小学校6年女子「にんじんとズッキーニの炒めもの」
 尚英中学校3年女子 「夏野菜のミートグラタン」
 尚英中学校3年男子 「イナダのはさみ揚げ」※9月の給食に取り入れました。


☆朝のおかず・お汁部門
〈最優秀賞〉
 福田小学校3年男子 「冬瓜ととうもころしの夏スープ」
※10月の給食に取り入れました。

〈優秀賞〉
 福田小学校6年男子 「新地の野菜たっぷりおいしいみそ汁」
 新地小学校6年男子 「変わり五目納豆」
 新地小学校6年女子 「カンタン夏野菜健康朝食お味噌汁」
 新地小学校6年男子 「キャベツとしらすの和え物」
 駒ケ嶺小学校6年女子「にら入りトマト炒め」
 尚英中学校3年男子 「時短朝ごはん用納豆」


▽冬瓜ととうもころしの夏スープレシピ

08:08 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/12

新地町十七字のふれあい:食育部門表彰式

| by 教育総務
11月11日(日)新地町健康福祉まつりにおいて、新地町十七字のふれあい:食育部門の表彰式を行いました。




子どもと大人が食に関する共通体験を十七字で綴ることを通して、ともに表現する楽しさを味わいながら家庭や地域、学校との絆を深まることをねらいとして、町独自で十七文字のペア作品を募集して今年で3年目になりました。

今年度が食育部門に596編(出品率86.6%、前年度3.8%増)の応募があり、新地町教育委員会教育長、教育委員、新地町の食育のテーマ「さわやかダイエット」の提唱者である東京家政学院大学教授の原光彦先生による厳正な審査を行い、新地町食育推進事業の普及・推進の観点で優れた作品を選出いたいました。

以下に最優秀賞及び優秀賞に選出された作品を紹介いたします。

☆最優秀賞 2編

駒ケ嶺小学校3年男子 「学校で 今日もレシピを 聞いてきた!」 
   〃     母    「連絡帳 いつも間にやら レシピ帳」

福田小学校6年女子  「ばあちゃんの つくる野菜は 日本一」
   〃   祖母  「ほめられて 畑の野菜も みな笑う」


☆優秀賞 2編

駒ケ嶺小学校1年女子 「ママきいて 今日もお野菜 食べれたよ!」
   〃     母      「給食で 苦手克服 新地の子」

福田小学校3年女子  「おいしいな 家族みんなで かこむ夜」
   〃    母          「夜ごはん 大事にしたい この時間」

06:34 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/11

すくすく体操AR用動画を紹介!

| by 教育総務管理
☆すくすく体操ペアバージョン ※一緒にやると2倍楽しい(^^)


☆すくすく体操1人バージョン ※スキマ時間で気軽にチャレンジ!



07:03 | 投票する | 投票数(1)
2018/11/11

運動あそび(体をうごかして遊ぼう)用動画紹介!

| by 教育総務管理
☆ペア(お友だち)バージョン


☆親子バージョン


06:58 | 投票する | 投票数(1)
2018/11/08

新地町食育講座「ほっきご飯をつくろう」を開催いたしました。

| by 教育総務
11月8日(木)に新地小学校6年生30名を対象にして、新地町食育講座「伝統料理ほっきご飯をつくろう」を開催いたしました。

この事業は、相双農林水産事務所様の「学校給食等地産地消推進事業」や「ふくしま食育実践サポーター制度」を活用して行っています。

以下に、当日の様子を掲載いたしましたので、ぜひご覧ください!

▽当日のほっき貝の安心・安全については、栄養教諭の小泉先生に確認していただきました。


▽講師の先生に相馬魚類所属でおさかなマイスターの資格を持つ加藤さん(右)、同じく相馬魚類所属で魚の目利きの達人である阿部さん(左)の2名にお呼びいいたしました。


その他にも、保護者の方4名、食生活改善推進員の方2名、相双農林事務所の方2名、相馬双葉漁協女性部の菅野さん、県水産事務所の伊藤さんなどの多くの方々にお手伝いいただきました。

まずはじめに、子どもたちは食事用フォーク(安全性を考慮)を使いながら、器用にほっき貝を貝殻を開けたり、包丁を上手に使いながらほっき貝の身を2枚におろしたりしながら、ほっきご飯の下準備に取り組みました。

▽ほっき貝には2つのの貝柱があり、それらを意識して貝やナイフを動かすと簡単に開けられるそうです!




▽貝を開けるとぷっくりした身が現れて、参加者全員で感動しました!


▽貝の身を2枚におろすときの包丁の使い方や指を怪我しないような身の押さえ方について親切に教えていただきました。




▽ほっきご飯が炊きあがるまでは、相馬魚類の加藤さんから「地元沖の水産物の素晴らしさ」「命を大切にする心と食を大切にする心は同じ」ということについて教えていただき、地元でとれた魚介類についてさらに理解を深めることができました。


▽給食では、自分たちでさばいたほっき貝を加えた「ほっきご飯」と子どもに大人気の「ポパイサラダ」、具だくさんで減塩に配慮した「豚汁」を美味しくいただきました。






全員が初めてほっきご飯づくりを体験し、貴重な体験を通して地元の水産物の良さを再認識する良い機会となりました。
17:04 | 投票する | 投票数(7)
2018/11/07

第3回新地町食育講演会ダイジェスト版を公開!

| by 教育総務管理
第3回新地町食育講演会では、東京家政学院大学教授の原先生に、「さわやかだ食材の有用性」や「睡眠の重要性」「遊びの大切さ」について講演していただきました。

今回は、その中で「遊びに大切さ」についてダイジェスト版で公開いたします。内容は、体を動かすことの大切さの他に、現在、社会問題にもなっている長時間スマホ利用の影響とメディアの付き合い方についての示唆に富んだお話を聞くことができると思います。

平日に講演会に参加できない保護者の方や地域の方向けに作成いたしました。なかなか視聴できない貴重なコンテンツです。ぜひご覧ください(14分44秒)

19:26 | 投票する | 投票数(3)
2018/11/07

原教授を講師に第3回新地町食育講演会を開催いたしました!

| by 教育総務
新地町の食育のテーマである「さ・わ・や・か・ダイエット」の提唱者:東京家政学院大学人間栄養学部教授 原光彦先生をお呼びし、新地小学校体育館において第3回食育講演会を開催いたしました。

今回は「新地の子どもはさ・わ・や・か・だ 〜さわやかだ食材の有効性とメディアとの付き合い方〜」をテーマに、「さわやかだの効用」「睡眠の重要性」「遊ぶことの大切さ」についてご講演いただきました。

睡眠の重要性については、「睡眠時間と肥満」や「睡眠時間と学力」の関係について、分かりやすくご説明していただきました。また、しっかり寝るためのコツの紹介していただきました。




「遊びの大切さ」では、「運動習慣と肥満」や最近の分かってきた「スマホの利用時間と学力」の関係について分かりやすく説明していただきました。

スマホの利用時間が「1時間未満」の子どもたちのほうが、「全くしない」「1時間以上」の子どもたちよりも数学の平均点数が高い傾向が見られ、自分をコントロールできる子どものほうが高い学力を身につけることがわかりました。

また、スマホの使用と学力の追跡調査では「非使用群(全く使わない)」より「使用を止めた群(使ってたけどやめた)」のほうが成績の伸び率が高く、日本医師会/日本小児科医会で紹介されている「スマホの時間で失うもの」の例も大変参考になりました。








原先生に講演していただいたことをプレゼン資料や学習カードを通して、子どもたちが家庭にも伝えていきます。

18:23 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/06

学校給食試食会に参加された方の感想を紹介します!

| by 教育総務
今週も町内小学校3校で、おすすめ料理コンテスト最優秀賞レシピや地元の食材をふんだんに使った学校給食試食会を開催しております。


尚英中学校の給食試食会に参加された方々の感想が届きましたので、いくつか紹介させていただきます。


☆保護者1
「10年ぶりに給食をいただきました。学生時代に戻ったようで懐かしく美味しくいただきました。これからも美味しい給食を作ってください。」

☆保護者2
「本日の試食会、メニュー表があったのでワクワクしました。にらのスタミナ丼の味が食欲をそそりました。もやしのナムルも美味しかったです。給食の献立は、いつも栄養いっぱいだと思います。ごちそうさまでした。」

☆保護者3
「試食会に参加して、改めて新地町の給食の美味しさを実感しました。これからも子どもたちの為に栄養バランスが良くて美味しい給食をお願いします!」

☆保護者4
「初めての試食会への参加でしたが、とっても美味しい給食でした。家でもスタミナ丼を作ってみたいです。」

☆保護者5
「午後も頑張れそうな『にらのスタミナ丼』は大変おいしかったです。レシピがあるそうなのでぜひ作ってみたいです!」

☆保護者6
「試食会に参加させていただき、子どもと同じ給食を食べながら懐かしく思いました。おしい地元の食材を使って、子どもたちにいろいろなメニューを食べてもらいたです。」

☆保護者7
「とても美味しく、優しい気もちがたくさん詰まった給食でした。味付けや材料のバランスも素晴らしく、家庭でもぜひ作ってみたいです! 震災後いろいろありましたが、新地の給食は安心してお任せできると思います。」

保護者の皆様からいただいた温かい感想を糧に、これからも安心・安全で美味しい給食の提供に努めてまいります。
16:27 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/02

町内小中学校で学校給食試食会が始まりました!

| by 教育総務管理
新地町では、「ふくしま教育週間」に合わせて、新地町の給食の素晴らしさを保護者の皆様や地域の皆様に体験してしていただけるよう、町内各学校毎に「学校給食試食会」を実施しております。

本日、開催されました新地町立尚英中学校(募集定員15名:参加者15名)の様子を紹介させていただきます。

まずはじめに、尚英中学校 星校長先生、佐々木教育長から挨拶がございました。
お二人から新地町の食育の取組とその成果について分かりやすくいお話ししていただきました。




次に、養護教諭から「本日の献立」「地元産の食材」について説明していただきました。
地元の安心・安全な食材と一緒に、タレントのマツコ・デラックスさんが絶賛されている豆腐を使っていることも紹介され、参加者から驚きの声が上がりました。


養護教諭の先生から分かりやすい説明を聞いた後は、参加者全員で配膳にチャレンジし、美味しい給食の準備をいたしました。小中学校時代を思いだしながら、あっという間に終わったのに驚きました!


配膳後は、献立の主食に取り入れさせていただいた「新地のにらのスタミナ丼」を考案した新地小5年生男子児童による紹介動画を視聴しながら試食いたしました。男子児童からニラの効能や目玉焼きの代わりに半熟玉子でも美味しいですよとの説明もあり、とても分かりやい説明に参加者全員が感心しておりました。




尚英中学校様では、この日のために素晴らしい掲示資料や配付資料の他に、心暖まるお品書きまで用意していただいております。






本日の献立です。野菜たっぷり栄養満点でヘルシーなメニューばかりです!


中学生によるサプライズ動画もあり、参加された方々が美味しい給食に舌鼓をうちながら大変満足された給食試食会でした。

6日(火)に福田小学校、7日(水)に駒ケ嶺小学校、9日(金)新地小学校において、給食試食会が開催されます!

各学校のホームページでも紹介されると思いますので、ぜひそちらもご覧ください!
14:31 | 投票する | 投票数(3)
2018/11/02

今年度も新地町から学校給食会表彰受賞がありました!

| by 教育総務
昨年度は、新地町が学校給食において安心・安全な地場産物を積極的に活用していることを評価していただき、町教育委員会が代表して福島県学校給食会様から「福島県教育委員会教育長賞(県産食材部門)」を受賞いたしました。

▽平成29年度福島県学校給食会:福島県教育委員会教育長賞(県産食材部門)


今年度は、単独給食調理場を持つ市町村として県内トップクラスの地場産物活用率まで向上させ、新地町の学校給食及び町食育推進事業の中心的な役割を果たしている「新地町立新地小学校栄養教諭 小泉 弘子さん」が「学校給食者功労者」を受賞いたしました。

▽平成30年度福島県学校給食会:学校給食功労者表彰


昨年に引き続き、新地町から表彰対象者が選出されたことを大変うれしく思います。

これからも保護者の皆様・地域の皆様のご理解・ご協力をいただきながら、児童生徒の生きる力の源となる「食育」を町内小中学校全体で推進してまいりますので、よろしくお願い致します!
13:12 | 投票する | 投票数(3)
12345