駒小だより
駒小だより
12345
2019/01/21new

駒小だよりNo.37

| by 駒ケ嶺小
駒小だよりNo.37です。
主な記事は、「和氣先生学校復帰」「佐伯先生転出」「漢字検定」「冬休みの自学ノート展」「表彰」です。

駒小だより No.37.pdf

和氣先生、よろしくお願いします
  和氣佳代先生が、3年間の育児休業を終えて、本日より職場復帰いたしました。下学年のみなさんは「初めまして」ですね。今の5年生が2年生のとき、国語や算数を教わっていました。和氣先生は第4学年を担任しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 <自己紹介>
  長らく育児休業をいただいておりましたが、19日付けで復帰いたしました和氣佳代です。佐伯先生の後、4年生を担任させていただくことになりました。子どもたちの1年のしめくくりを充実したものにできるように、精一杯取り組んでいきたいと思います。これからもいろいろとご迷惑をおかけすることもあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
10:44 | 投票する | 投票数(3)
2019/01/15

駒小だよりNo.36

| by 駒ケ嶺小
駒小だよりNo.36です。
主な記事は、
「インフルエンザの流行」「将来の夢」「なわとびコンテストに挑戦」です。

駒小だより No.36.pdf

ふつうの風邪かな?インフルエンザかな?
 全国で流行しているインフルエンザですが、本校でも先週からインフルエンザや発熱で欠席する児童が増えており、1/15現在、全校でインフルエンザ10名、発熱8名、溶連菌感染症1名の欠席があり(その後インフルエンザは12名に)、とくに欠席者の多い第2学年及び第5学年は、インフルエンザ蔓延防止のため、明日より2日間(1/17まで)学級閉鎖としました。(教職員も4名が学校をお休みしています・・・) 
 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38℃以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。
 今後の流行を防ぐためにも、インフルエンザの疑いがある場合には、無理せず医療機関で診断を受けてください。また、人混みの中に入らないなど外出を控える、手洗いやうがいを励行するなど、予防対策も十分にとるようにお願いします。
09:42 | 投票する | 投票数(2)
2019/01/08

駒小だよりNo.35

| by 駒ケ嶺小

駒小だよりNo.35です。
主な記事は、「始業式での校長式辞」「1月の行事予定」です。

駒小だより No.35.pdf

新年あけまして    おめでとうございます
 保護者の皆様には健やかな新年をお迎えのことと思います。本年も子どもたちに寄り添える学校を目指し、頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 年末のドカ雪には大変驚かされました。というのは、私の住む福島市の話です。昭和45年といえば、私が小1のとき。そういえば、昔はすごく雪が積もった記憶があります。30日は朝から筋肉痛になるほど雪かきをし、エネルギーを使い果たしダウン。翌日の31日、学校に来てみると・・・あれっ?新地町には全く雪がないではありませんか。改めて福島県は面積が広く、東西で気候が異なるんだなあと驚いた次第です。                                        
 さて、新年の始まりにあたり、子どもたちはそれぞれに「今年はこんなことを頑張りたい!」と目標をもったことでしょう。子どもたちには、さらに「大きな夢」ももってほしいと思います。夢はできるだけ大きいほうがいい。他人から「それは無理だろう」と思われても構わない。夢をもっている子は、「夢を叶えるんだ!」という気持ちをもって前向きに努力できるし、それが生きるエネルギーにもなります。そして、いつかきっと大きな夢をつかむことができると信じています。私たち教職員も、夢の実現に向けて全力で応援します。 


07:45 | 投票する | 投票数(1)
2018/12/21

駒小だより No.34

| by 駒ケ嶺小
駒小だより No.34です。
主な記事は、「2学期終了」「2学期の大銀杏賞」「花のプレゼント」「1月の行事予定」「表彰」「保護者アンケートの結果」です。

駒小だより No34.pdf

がんばった2学期! 実り多い2018年でした

 今日で第2学期81日間が終了です。1学期と同様、頑張った学期となりました。水泳記録会、相新音楽祭、4年宿泊学習、6年修学旅行、駒小まつり、ICT活用発表会、マラソン大会、田んぼの学校成果発表会・・・子どもたちは、それぞれの場面で力を発揮し、大活躍でした。普段の授業でも、ICTを使った学習、習熟度別学習など、先生方は指導方法や指導体制を工夫しながら効果的な学習を進め、子どもたちもそれに応えて頑張りました。
 そして、この学期も大きなけがや事故もなく過ごせたのは、保護者の皆様がお子さんを温かく見守ってくださったおかげです。本当にありがとうございました。
 皆様、よいお年をお迎えください。1月8日、元気に会えることを楽しみにしています!
10:43 | 投票する | 投票数(2)
2018/12/13

駒小だよりNo.33

| by 駒ケ嶺小
駒小だよりNo.33です。
主な記事は、
「花いっぱいコンクール表彰式」「田んぼの学校 合同成果発表会」「租税教室」「読み聞かせ」です。

駒小だより No33.pdf

 花いっぱいコンクール表彰式
  12月11日(火)福島民友新聞本社において、花いっぱいコンクールの表彰式があり、学校を代表して出席してまいりました。ご存知の通り、本校の緑化活動が認められ、最高賞である福島県知事賞を受賞しました。福島県農林水産部園芸課長様のお話にもありましたが、受賞した学校では、地域と連携した取組が積極的に行われ、それが高く評価されているようです。本校でも、第13・14区の方々のご支援のもと、通学路わきの花壇の植花活動を年2回行っております。今後も地域と連携した取組を推進し、地域の活性化につなげていきたいと考えています。
07:59 | 投票する | 投票数(2)
2018/12/04

駒小だよりNo.32

| by 駒ケ嶺小
駒小だよりNo.32です。
主な記事は、
「SNSの使い方」「和楽器体験教室」「栄養教諭訪問指導」「薬物乱用防止教室」です。

駒小だより No32.pdf


SNSは利便性と危険性を理解した上で
 11月27日、相馬地方小中学校長会協議会で、SNSについて研修しました。私も時々「LINE」を使うことが多いので、いろいろ考えさせられました。これから冬休みを迎えますので、ご家庭でもSNSやインターネットの使い方について話し合ってみてください。たとえば、「夜9時以降使わない」など、家庭でのきまりを親子で決めてみましょう。
 ●まずは、SNSの現状を「数字」で見てみましょう。
 93万人・・・・・中高生のネット依存(7人に1人の割合)。5年前より40万人増   
 30.3%・・・・6~12歳(小学生)のスマホ普及率(20代だと94.5%)  
 7600万人・・・国内LINEの利用者数
 6200万人・・・国内YouTubeの利用者数
●SNSは便利で楽しいですが、危険性は何でしょう。
 ① 個人情報(顔、氏名、学校名、住所、家族構成など)の流出(本人は認識せず)
 ② 画像・動画の悪用、中傷・いじめに(流出した画像・動画は削除不可能)
 ③ 性被害、暴力事件など犯罪につながる(福島県の女子高生も犠牲に)
 ④ 安易な画像等のアップで、就職や大学推薦がなくなる(将来も危うく)
●ネット依存の悪影響(フィルタリングやネット接続時間の制限等が必要です)
   ① 視力低下、筋力低下、吐き気、めまい、肩こり、倦怠感、栄養障害など身体面の影響
 ② イライラ・攻撃的、感情コントロールできない、自己中心的な考えなど精神面の影響
 ③ 成績低下、生活リズムの乱れ、引きこもりや不登校、家族関係悪化など生活面の影響
08:00 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/26

駒小だよりNo.31

| by 駒ケ嶺小

駒小だよりNo.31です。
主な記事は、
「風邪が流行する季節」「12月の行事予定」「田んぼの学校収穫祭」などです。

駒小だより No31.pdf

 風邪が流行する季節です
 
朝夕寒くなってきて、風邪で欠席する児童が出てきました。風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎などの流行を防ぐために、学校では次のような予防対策を行います。

(1)健康観察の強化・徹底
 ・発熱等体調の変化あれば検温(体調不良者の急激な増加あれば、学級内全員)。
(2)手洗い・うがい・換気や加湿の強化、習慣化
 ・手洗いは石けんでていねいに(特に給食前)。外遊び後や給食前のうがいの徹底
 ・業間時の換気と加湿器の使用。水筒にお茶を持参すると、うがいにも使用可。
(3)マスク使用の勧め
 ・風邪をひいている児童のマスク着用(とくに校外学習でのバス利用時等)
(4)教室等の消毒の実施(アルコール消毒)
 ・インフルエンザ等感染症が発症したら、机や椅子、教室のドア等の消毒を実施
(5)家庭への予防の啓発(保健だよりや学校だより等)
 ・登校時の健康観察の徹底、うがい手洗いの徹底、人混みを避ける等の呼びかけ

◎12月頃になるとインフルエンザが流行し始めますが、急激な発熱などインフルエンザ感染の疑いが見られた場合には、保護者に連絡し、受診を勧めます。ご家庭でも登校前に 発熱がある場合には、無理をさせず受診させてください。
◎ インフルエンザの出席停止期間は「発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過していること」と決まっています。ですから最短でも5日間で、解熱しなければさらに延長となります。
◎ 学級閉鎖等の措置は、学校医の意見を聞き決定します(「欠席者が何%」などの基準はなく、欠席者の急激な増加、地区内の罹患率など状況によって判断します)。
◎ インフルエンザの予防接種は11月中がよいとされ、効果は5ヶ月間続くそうです。


07:50 | 投票する | 投票数(3)
2018/11/19

駒小だよりNo.30

| by 駒ケ嶺小

駒小だよりNo.30です。
主な記事は、
「ICT活用発表会」「第2回植花活動」「親子食育教室」です。
駒小だより No.30.pdf

最先端のICT教育を発信!
 11月14日は新地町ICT活用発表会で、町内4校が授業を公開し、全国各地から多くの教員や企業の方々が参加しました。本校でも3学級が授業を公開し、好評を得ました。
  3年体育科は、動画撮影ソフトを活用し、自分たちの動きをタブレットで撮影して互いにポイントを教え合いながら側方倒立回転を練習しました。このタブレットを使った学び合いの授業は、テレビユー福島の番組で同日紹介されました。インタビューを受けたお友達も!
 5年理科では、協働学習支援ツールを活用し、実験結果から水の働きについて考え、友達と意見の交流をしました。「水の量」「浸食」などの言葉を使い、考えをまとめていました。
  6年道徳科では、スカイプを使って自転車旅人西川さんと交流しながら「親切とは何か」について考えました。道徳科の公開ということもあり、大勢の参観者がありました。
 ICTの活用で、児童は意欲的に学習に取り組んだり、考えを交流したりすることが期待できます。最先端のICT教育を推進できる環境に感謝し、今後も研究を進めてまいります。


 


07:58 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/09

駒小だより No.29

| by 駒ケ嶺小
駒小だよりNo.29です。
主な記事は、
「校内マラソン大会」「バザー・模擬店の収益」「心あたたまる話」「表彰」です
駒小だより No.29.pdf

 駒ケ嶺の路を走る子どもたち! 
  校内マラソン大会に先駆けて行われた全校朝会では、大会本番に向け、7名のお友達から力強いめあての発表がありました。
 マラソン大会当日。緊張しながらスタートを待つ子供たち。いよいよピストルの音とともに一斉にスタート!沿道の保護者の皆様の熱い声援を受けながら、どの子も一生懸命走り切りました。持久走には得意不得意があると思いますが、自己記録より1秒でも早くゴールできるように、一つでも順位を上げることができるように、各々のめあてに向かってあきらめずに走る姿は、本当に頼もしいものです。そして、走り切ったあとの満足そうな笑顔。みんな、輝いていましたね。(私は6年生の速さについていけず、途中で挫折しました・・・涙)
 保護者の皆様、ご声援及び道路での監視、本当にありがとうございました。
 紙面の都合上、歴代記録及び各学年第1位のみお知らせいたします。おめでとう!
09:27 | 投票する | 投票数(2)
2018/11/05

駒小だよりNo.28

| by 駒ケ嶺小
駒小だよりNo.28<特別号>です。
花いっぱいコンクール「知事賞」受賞についてです。
駒小だより No.28.pdf

花いっぱいコンクール最高賞の「知事賞」受賞!
 駒ケ嶺小学校は、42年前に「新地町緑の少年団」を結成以来、花いっぱいコンクールに参加してまいりましたが、このたび、最高賞である「知事賞」を受賞いたしました!
 これも、緑化担当として花壇やプランター設置の計画を立て、学校の中心となって世話をしてくれた教務主任の林先生や用務員の後藤さん、夏休みに自主的に水くれをしてくれた緑の少年団の皆さん、毎朝水くれなど花の世話をしてくれた飼育・園芸委員会の皆さん、1年間花々を写真に撮り続けてくれたICT支援員の阿部先生や加奈子先生、植花活動にご協力くださった第13・14区行政区の皆様、そして植花活動で心をこめて花の苗を植え、これまで大切に育ててくれた全校生の皆さんと先生方のおかげです。ありがとうございました!
07:51 | 投票する | 投票数(2)
12345