カウンタ

COUNTER130926
 

QRコード

  
 
新地町教育委員会
福島県相馬郡新地町
  谷地小屋字樋掛田30番地
TEL 0244-62-4477
FAX 0244-62-2369
e-mail
 

新地町の食育

食育 >> 記事詳細

2017/07/12

おすすめ料理募集への応援メッセージ_中津川かおり様

| by 教育総務

新地町の皆さん、こんにちは。栄養管理士の中津川かおりです。 
   
 本年度は、新地町の食育推進委員として活動させて頂くことになりました。新地町が取り組んでいる「さわやかだ」をキーワードにした食育の取り組みについて、少しでもご協力ができれば幸いです。


 現在、管理栄養士として東京を拠点に仕事をしていますが、東京に出て20年余り。変わらず思うことは、『新地の食材はおいしいな!』ということです。

 地元でとれた食材を鮮度が良いまま食卓にのせることができる環境は、東京とは大きく異なります。鮮度が良い食材は、旨味と甘味が強く、特に野菜はみずみずしくて元気です。新鮮な食材は、シンプルな味付けや調理を施すだけで、とてもおいしく食べられるというのが「強み」です。生はもちろん、ゆでるだけ、蒸すだけ、焼くだけに、ちょっと塩分を加えるだけで十分なごちそうです。日々、そのような食環境で生活をしていると、なかなか気づかないかもしれませんが、新地町はとても食が豊かな町です!

 現在、4歳になる娘がいます。ニラやミニトマト、アスパラガスが苦手でしたが、新地町に帰省した際に、地元産の新鮮なものを食べてから一気に好きになりました。しかも、ゆでるだけや、炒めただけのシンプル調理の方がおいしいと言ってたくさん食べています。

「レシピを作る」というと、なんだか構えてしまうかもしれませんが、複雑なレシピは日々の忙しい生活のなかで再現することが難しいものです。私自身、『簡単でおいしいレシピ』の方が、次世代にも伝承され、日々の生活に取り入れてもらいやすいメニューになると思っています。

 ご家庭にあるもので簡単に作れ、子どもたちや家族が喜んで食べてくれる日常の味を、ぜひご紹介ください。どこの家庭でも作っている料理だろうから・・・。などとは思わず、皆さんの家庭で良く作られているレシピを応募してください。レシピにひと工夫入れたいなぁと思ったとき、ご家庭のおすすめ料理に「さわやかだ」食材を加えてみるというアイディアもよいでしょう。

 私の場合、新地産のコシヒカリで握り、新地産の味噌を表面に塗っただけの味噌おにぎりが「斬新!」と、東京や関西の友人にとても喜ばれたことがあります。小豆と一緒にかぼちゃを煮たものが『冬至かぼちゃ』だと言われて育ちましたが、東京では全く違い、逆に驚かれました。自分では、当たり前と思っているお料理も、他人から見たらとっても新鮮であるということもございます。

 あまり考え過ぎず、皆さんの家庭の味をベースに「わが家のおすすめ料理」をご紹介ください(^_^)

 

 最後に・・・。料理の世界では「フードペアリング」という言葉があります。文字通り食材の組み合わせを意味しますが、同じ土地でとれた食材の組み合せは、非常に相性が良いです。ぜひ、新地でとれた安心・安全で新鮮な食材を上手に組み合せて使ってみてください。

 皆様からのレシピを楽しみにお待ちしております。

平成29年7月



06:02 | 投票する | 投票数(11)