カウンタ

COUNTER462193

QRコード

  
 
新地町教育委員会
福島県相馬郡新地町
  谷地小屋字樋掛田30番地
TEL 0244-62-4477
FAX 0244-62-2369
e-mail
 
教育長から >> 記事詳細

2020/03/13

尚英中学校卒業生の皆さんへ

| by 教育総務管理

はげましのことば

 

 学舎から遙かに臨める新地の海の輝きにも、春の彩りが感じ取れる今日の良き日、新地町立尚英中学校卒業証書授与式が執り行われますことを、新地町教育委員会を代表いたしまして、心よりお祝い申し上げます。

   卒業生の皆さんには、校長先生より卒業証書が授与されました。本当におめでとうございます。

 
 また、お子様の健やかな成長を願い、深い愛情で育んでこられました保護者の皆さまの喜びは、一入(ひとしお)のことと推察いたします。重ねてお祝いを申し上げます。

 さらに、三年間に及ぶ中学校生活に対しまして、力強い御支援を賜りました地域の皆様方、さらには教育への使命感を心に強く抱き、教育活動に真摯に取り組まれ、生徒諸君に寸暇を惜しまず熱心に御指導いただきました、校長先生を始めとした教職員の皆さんに、心より感謝の意を表します。
 

 さて、卒業生の皆さん、情報化・国際化の進んだ現代社会ですが、今般の感染経路が特定できない新型コロナウィルス感染が世界中で発生していることなど、未来は常に不確実です。社会構造面においても、未来社会がどのように変容していくのか、現段階では誰も予測はできません。

 しかし、ふるさと復興の暁には主役となる若い貴方がた、卒業生の皆さんの、力強い意志と勇気ある行動が未来社会を創造していくことは確かです。 

 東日本大震災の起こった年に小学校に入学なされた皆さんは、9年の歳月を経て元気な姿で義務教育課程を修了する時を迎えています。震災後の不安定な社会環境の中、心豊かに、たくましく学校生活を歩まれたことは嬉しい限りです。特に新地町内の3小学校の児童が一体となった尚英中学校での学校生活は、新鮮な記憶として脳裏に浮かんでいるのではないでしょうか。大活躍した汗と涙の部活動や中体連、駅伝、少年の主張大会、そして「よさこい」。楽しかった「柚の香り祭」や「修学旅行」を始めとした三年間の中学校生活は、青春の懐かしい思い出として心に残るはずです。

 その思い出に、加えていただきたいことが二つあります。

 一つは、特色ある学校づくりに取り組み、情報化社会を歩む皆さんのためにと町の理解をいただき導入したICT教育です。皆さんは近未来に不可欠となる貴重な経験をした生徒です。機器を操作して必要な情報を取捨選択し、それを正しく活用できる力と、グローバルな視野を身に付けることが出来るように成長したと推察しております。皆さんも誇りに感じて下さい。

二つ目は、東日本大震災から学んだことです。それは「どのような困難であっても強い意志があれば乗り越えることができる」ということです。

 この二つを思い浮かべ、前途洋洋たる、これからの人生を歩んでいただきたいと思います。そして、卒業後も、人びとを思いやる気持ちを忘れず、高校生として勉強や部活動等に真剣に取り組み、未来への「夢と希望を語ることのできる、心豊かな人間、そして故郷・新地町を愛する人間」として、心身ともに健やかに成長なさることを期待いたします。


 最後に、新地町立尚英中学校のますますの御隆盛を祈念申し上げ、拙い句を披露して「はげましのことば」といたします。

 

友情と 大志を胸に 卒業す

 

令和二年三月十三日

             

  新地町教育委員会教育長  佐 々 木 孝 司


08:00 | 投票する | 投票数(16)