新地町ICT教育

ICT教育 >> 記事詳細

2019/01/08

新地小学校:租税教室反転授業用ページ

| by 教育総務管理
新地町では、全国に先駆けて「1人1台のタブレット端末」と「クラウド環境」そして「家庭へのタブレットの持ち帰り学習」を活かして「子どもが税について主体的に考える」租税教室を実施しています。

このページは、平成31年1月18日(金)に新地小学校で行う租税教室の反転授業用に作成されています。

反転授業の課題や授業後のまとめにルーブリックを設定し、児童の思考力・判断力・表現力を高めながら、税についての理解を深めることができるようになっています。

▽反転授業の課題(左)とルーブリック(右)



また、保護者の方にここでの教材を視聴してもらったりお子さんから聞いた租税教室の感想をもとにコメントをいただいたりして、大人の方にも積極的に関わっていただけるように工夫しています。

保護者の皆様におかれましては大変ご多忙と存じますが、ご理解・ご協力をお願いいたします!

▽それでは、反転授業用動画教材をご視聴ください。(19分04秒)



▽ビデオの後半部分「税金が無くなってしまったら」バージョン(9分35秒) 


▽ビデオ教材視聴後は、左のシートにお子さんが感想をまとめます。租税教室終了後に「考えたこと」「これからやってみたいこと」などは、右のシートにまとめます。

14:40 | 投票する | 投票数(7) | 総合学習